スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
サヨナラ今年
2009-12-31 Thu 23:46
12月31日 (木)

本日は今年最後の日だ
そして、淡々とした口調とこのテンプレート最後の日
堂々巡りで再び目にする状態になるかもしれないが…
それはそれで楽しめるだろう

今年も色々とあった
楽しかった日
笑った日
辛かった日
辞めようかと思った日

色々な日々の微々たる積み重ねでの1年
そう言いながら、記憶に残っているのは僅かだ
まぁ、俺の小さな頭では記憶しきれないって事だな

来年の楽しみは初詣からがスタート
楽しみが少なかった様に感じた、今年
来年は楽しい日々が多くなってくれる事を祈りたい


さて、文末になったが…
今年は色々とお世話になりました
気紛れで来て下さった方、毎回見て下さっている方
続けていけるのは俺の自己満足と、見て下さっている方がいる御蔭
来年も変わらないと思うけれど、宜しくお願いします

良いお年を。
スポンサーサイト
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
明日は。
2009-12-30 Wed 21:12
12月30日 (水)

明日で今年も最後だ
そして、このブログがこの状態なのも最後だ

結末は綺麗な色合いで
そう、以前にも言った様に深い蒼で終わらせようと思う

別のブログでもそうして来た
足を踏み入れる事はある
何時に行っても、深い蒼で綴られた文章が現れる
当たり前の事だ
ブログの主は俺なのだから

だが、此処のブログは別だ
完全に終わらせる訳じゃない
今の状態から変化させると言う事だ
退化でもないが、進化でもない

仕切り直しと言えば分かり易い
プロフィールの文も仕切り直しだ
ブログタイトル近くの説明文も仕切り直しだ

まぁ、見れなくなる訳じゃないから良いよな


さぁ、最後の魔法を掛けに行こう
俺が出来る最後の足掻きを。
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
カテゴリ整理
2009-12-29 Tue 12:31
12月29日 (火)

来年には全てを変えようと思って、カテゴリを整理しだした

まずは「Majesty's fairytale」の消去
64件ぐらいあった現実リンク小説の一括消去
長々と書いていたなと思う
全てが終わる事は無かったなとも思う
でも、終わらせる事は無いと分かってたんだ

ずっと続く小説を書き続ける
そんな忍耐が無かった、とうのもあるから消去した
実際には文書ソフトvre.にしている為に保存してある
公表するかどうかは別になるがね

他にも迷信や常闇遊戯も消去
ザクザク消し過ぎて何を消したか分からなくなり出した
自分でしている癖に馬鹿だなと思う

そんな事をしたから結構あっさりとしたカテゴリになり出した
文面もこれからは口調が変わる

一人称はバラバラにするつもりだが…
淡々としている日、テンションが高い日
様々な文章でバラエティ豊かにしたい
まぁ、感情が見え易い文面にしたいってだけなんだがね

テンプレートも変えないと言いつつ、変更予定
今使っているものを作った人の作品から選択させてもらった
最初、このブログを始めるにあたって迷ったテンプレでもある
その時は却下してたけどね

さて、今年も本日含め残りは3日
最後は如何言う結末になるか…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
黒と白の言の葉。
2009-12-28 Mon 20:32
否定されたら、僕は必要じゃないって事。


僕の遣り方は何時も否定される側
肯定される事は少なくて、何時も否定

良いと思ってした事も、毎回否定されれば意味が無い
そう学習するけれど、全く違う訳じゃない

人がしているのを見て学び、その通りに遣って否定がくる
別の日に同じ事をして稀に肯定されても、信じきれない

どれだけ励ましを貰っても、話を聞いてもらっても
否定ばかりを聞いている以上、必要が無いと言う結論が出る

僕が消えたとしても何も変わりは無い
世界は普通に廻るし、何かが止まる事は無い

無駄な事に心痛める事なんて、馬鹿にしか感じない
伝わるまでの努力なんて、もう、したくない

疲れたんだ
遣っても無駄に終わったんだ
今後の努力だって実を結ぶなんて思えない
もう良いだろう?

僕の中は絶望ばかり
そんな重苦しい世界で何時まで過ごせば良い?
否定ばかりと言う事は、僕は必要じゃないって事
だったら僕は消えても良いでしょう

だから。
世界と僕にサヨナラを
君達にハジメマシテとサヨナラ、そして、ごめんなさいを。
別窓 | モノクロの音は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
フロントガラスが…
2009-12-27 Sun 10:59
12月27日 (日)

昨日は遅出だった
当然、帰りは遅くなる

高台にある職場ではフロントガラスが曇る事は多々
水分であるが故にワイパーで如何にかしていたんだが…
昨日は違っていた

ワイパーを動かした瞬間、ガリッと言う硬い音
既に凍っていたらしい

あわてて職場の人に頼んでお湯を貰った
フロントの氷が薄氷だったのが幸いしたのだろう
小さいボールに入れてたお湯で足りた
稀に数回掛けないといけない場合があるが、まぁ、良かった

路面が凍らない限りは気にもしない
流石に車体全体が凍ると困るが…解ければ問題ないしな
路面が凍ると職場に缶詰になるので困るが…


さて…
これから何度、こんな事にあたるだろう?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
くりすます。
2009-12-26 Sat 11:02
12月26日 (土)

昨日はクリスマス
クリスマス・イヴには何もしなかった我が家
まぁ、俺が当直だったからなんだがね

そんな訳で昨日はクリスマスって事で昼食が外食
チキン南蛮が食いたかったから、それ取ってみた
クリスマスには関係しなかったけどね

帰る時にはケーキを1ホール分になる様に買って
まぁ、その前にCDとかを見に行ったんだが…
探したものの結局、売って無かった

俺が欲しいと思ったモノは結構、売り切れが多い
今回のCD意外でも服も雑貨も大概が無い
嘆く程じゃないから良いんだがね


本日は遅出
これから昼食と弁当を作って出勤になる
最近は色々とへこむ事も多いが、何とかしていこうかな…
そう思いつつ、投げ遣りだ
まぁ、それが俺ってもんだから良いだろう

さーて、動く様にしないとだな
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
黒と白の言の葉。
2009-12-25 Fri 21:44
しんと静まり返った部屋の中
僕等は小さな明かりを燈す

幻想の様な光を燈す、小さな蝋燭
ファイアオパールの様な煌き

現実を見ず、幻想を、異界を見る
“幻視”の世界では、緩やかに、僅かに、解ける様に
現実が消えて行く

何処までを本当としよう?
何処までを信じて良い?

既に疲れ果てた精神が、信じる事を拒否する
現実よりも幻想を見てしまう事自体が、その事実を示す

“あちら”へと足を進める事が出来たなら
“こちら”を振り返る様な精神で無かったなら
きっと、風の様に、空気の様に消えていけるんだろう

サヨナラを言えるのは何時だろう…
別窓 | モノクロの音は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
暗闇よりの手招き
2009-12-25 Fri 21:29
12月25日 (金)

もう、ずっと、見ている夢がある

俺は夢を結構、覚えている性質だ
事細か、とはいかないが、かなりの大部分を覚えている

学生時代から見ている夢
“暗闇の中で白手袋をした手が俺を招く夢”

暗闇の中、ぼんやりと白手袋をした手だけが浮かび上がる
何故か闇の中でも見える白い手
光がある訳でもないのに、きちんと見える手

そんな夢を良く見る

そんな手に向かって、俺は招かれるままに歩く
だけれど、辿り着く事は無い
進めど、進めど、距離が縮む事は無い
そのままだ

友人達に言うと、手を握れとか
触れると死ぬんじゃないとか
まぁ、言われる
だが…、近づけた試しがない為に不明だ
怖いもの見たさってもんで触れたいんだがね


俺は、その夢を未だに見ているが…
何か意味があるんだろうか?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
クリスマス・イヴ
2009-12-24 Thu 13:24
12月24日 (木)

今年も残りは数日となり出した
街中が浮かれ始める年末の開始だ

最初は本日のクリスマス・イヴからだ

街中がイルミネーションで飾られる冬
それ等がより一層、煌びやかになるのが、クリスマスだろう

暖かい部屋の中で囲む、温かな料理
子供にはプレゼントを用意して、
もみの木のクリスマスツリー
明るい飾りを施して、夜通し楽しむ
年末最後にある、数個の内のイベントの開始だ

最大最後は、やぱり、年越しだろうからな

そんな楽しげな言葉も虚しく、俺は当直
何か楽しい事は無く、ただ1人、光を落した部屋で朝を待つ
まぁ、それが本日の仕事だから仕方ないけどね

明日は当直明け
その時には楽しもうと言われている
クリスマス・イヴではなく、クリスマスだが…
それでも良いだろう
元々、俺はケーキを食べる日という認識な訳だからな

さて、もう一時ゆっくりしたら仮眠を取るとしよう
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
黒と白の言の葉。
2009-12-23 Wed 10:57
誰かを僕が必要としたとして
その人は僕が必要としてると気付いてくれるだろうか
答えは、否

声にして、言葉にして、
文にして、文字にして、

何かしらの発露が無い限り、気付いてくれる者は限りなく少ない
昨今の世の中では益々もって、そう言う状況だろう

逃げたくとも逃げだせず、逃げたら「逃げた」と非難される
そんな世の中の声は多いだろう

責める部分ばかりが多く覗いて、真実なんて見えてない
真実を語ろうとしても、信用してくれない
そんな、厳しくて残酷な面ばかりが露出する、世の中

世の中が悪い事ばかりとは言わないが、厳しさばかりが多い面がある
優しい事もあるが、結局は厳しさが強い

そんな事から、僕は真実を語る事を止めた
嘘・偽りで飾った「現実」は、世の中が望む「現実」

どうせ信じてくれないのなら、語るだけ無駄
声が無駄、言葉も無駄、文字も無駄、文も無駄
全てが無駄になるなら語る事を止めてしまえ

どれだけの真実が、闇に葬られているんだろう
どれだけの真実が、語り継がれているんだろう

辛いと言って良いのは、あくまでも僕
痛みを小指の爪程も分かってない癖に「私も歯痒いんだ」なんて
その言葉は薄っぺらくしか感じられない
言葉の裏の確認も無くて、ただ音を噛むだけの言葉と記憶
曖昧な共感なんて、笑わせる

その曖昧さが僕を闇へと葬ったと言ったら、後悔してくれるかな?

そうやって僕は“僕”と入れ替わる事を決めたんだ
サヨナラ現実、コンニチハ“僕”
別窓 | モノクロの音は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
気に入る本は
2009-12-22 Tue 11:07
12月22日 (火)

俺が気に入る本は何時でも続き本
1冊で終わる、という事が少ない

すぐに飽きるタイプだから続くのは有難い
ただ、その本のサイズや値段が問題になる

必ずサイズは大きめ、値段は高め
古本で手に入れれば如何にかなるが…
一気に出ると散財になる
現在の買っている本は、ほぼ全部が、高めな状態

小説も漫画もサイズは大きめ
文庫本が出たものでも、最初に大きめを買った場合はそのまま
そんな訳で本棚が足りなくなる

多少は売ったりしたが、流石に増えるスピードの方が早い
今も気に入った本を買うか買わざるかで迷っている
1冊で終わるなら良いんだがね
まだ続きそうな本だった…


年末に休みがないが、年始に3連休を頂いた
なかなか連休が無い仕事だけに、取って良いのかと聞いた位だ
友人と合いそうなのは今のところは1日だけ
そんな訳で残り2日は、のんびりって所だろう

さて、迷っている本を買って時間を潰すべきか…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
忘年会レポ
2009-12-21 Mon 20:44
12月21日 (月)

友人の連絡を受け、友人宅へ直行からがスタート
楽しい時間の始まりだ

本やCDを借りていたので返却したかった為に友人宅へ
幹事もしてくれていたので“お疲れ様”+“クリスマスプレゼント”
そう言う意味でプレゼントを1つ持参
気に入って頂けたとは思うけどね

更に別の友人も合流し、3人で車に乗って出発
時間的には良い感じ?

佐世保駅に着くと他のメンバーとも合流
せっかくなのでイルミネーションも楽しむ
途中でクレープが食べたくなったけど却下されてしまった…
まぁ、夜が忘年会で御馳走だったしね

時間を見て会場入りしたけど、その時のメンバーは6人

料理も次々と来るけど、俺は“超”が付く程の猫舌
最後に料理に手を付けるしかなくなる
すると大皿のままとなり、最後まで取り皿を遣わないと言う…

酒は1口ずつ飲んだりしたけど、実質的には1杯飲んで終わり状態
流石に昼間に発熱した後だったから自主規制

忘年会が終わるとカラオケって言ってたんだけど
年末ってのがあったのか、結局は佐世保市街側では入られず
結構な時間を待ったんだけどね

中途半端にたこ焼きとか食べたりして(友人が)
最終的には大塔まで戻ってオールナイト

夜が深まってくる度に声が出なくなるのが俺
高い曲を音程を調節して歌おうとしたけど…無茶ってもの。
かなーり、下手な状態になった

解散したのは始発に合わせて午前5時40分頃
帰宅後はメイク落として、炬燵で就寝
身体を温めきれないから仕方無しにね

楽しかった!!
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
早々に退散
2009-12-20 Sun 20:08
12月20日 (日)

昨日は内輪での忘年会
ごくごく少数の、6人での集まりとなった訳だが…
(それでも俺的には大人数←)

朝からは早出を選択していた為に仕事
わくわくする気持ちを抑えて、真面目に動いたつもりだ
“つもり”なのは人から見たら如何だかが不明な為
この表現だと意味不明だと言われた経験があるけどね

でも別に“つもり”って良く使うでしょ
…なんて、内心ムカッて来てた事も事実だったりする
まぁ、それはそれで置いといて。

上がりの時間がきたが、職員が戻ってきてない
更に上がりの時間近くが夕食の時間に近い
そうなると上がり難くなるが、最初にすぐ上がりたいと言っていたからだろう
上がっても良いよと優しく言って頂いた

少しだけ時間を置いて、ある程度終わった頃を見計らって上がった
お言葉に甘えて、と言い置いて。
皆の協力で上がれたんだと実感済み

自宅に戻ると親と談笑しつつ、準備
楽しい時間の始まりだった


本日は此処まで。
時間的にレポをUPするのは難しい
明日にでもする事にしよう
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
明日は忘年会
2009-12-18 Fri 21:21
12月18日 (金)

明日はタイトル通り、忘年会だ
ごく内輪だけの小縮んまりとした集まり

気を許せる、何を言っても無礼講的なメンバー
心からゆっくりと楽しむ事が出来るだろう
そんな忘年会

まずは仕事からだ
夜の忘年会に合わせる為だけに出した希望
それが、朝一の早出だった

疲れる事は分かってる
俺自身の体力はそんなに無い事も自覚済みだ
だからこそ、体力を削りそうな仕事は先に済ませておいた
まぁ、1日1日変わるから確実に済む、と言うモノだけだがね

帰宅後は怒涛の準備に追われる
まずは本日の内に考えた服装に着替える
計画上はスカートモードだが、天気によっては変更を考えている

何だろうな…
この憎たらしいまでの雪だるまマークの連続は(苦笑)

その後は友人宅へと移動
忘年会と言う事で飲むだろうから移動は徒歩に決定済みだ
友人の準備が出来次第、駅へと直行
その後は会場までぼちぼち進むというワケだ

如何なるかは、当日次第
静かに楽しみたいと言う事は…ない
忘年会ならば羽目を外すのも良い事だろう

全力で騒げます様に。
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:2 | top↑
チキン
2009-12-17 Thu 14:16
12月17日 (木)

最近は仕事に行きたくなく、辞めたいと思う事も多々
ただ辞めたとして、次に遣る事は何だと聞かれたら、何も決まってない
イコール、格好良い言い方をすればニートになるワケで。
そんなのは俺が許せない

人との関わりが無ければ生きていけない
そんな社会に生活している状態で
何かなければ生きていけない
そんな脆弱な精神で
まぁ、言っちゃなんだが、弱いから辞められないってワケだ

現在の仕事には意義を感じないし
何が楽しいかも分からない
笑っている同僚を見ても何が笑えるのかも分からない
仕事ってモノは、そんなに楽しくないモノだったんだろうか?
そう考える日々

微々たるものの積み重ねで、自身の実になる事があるとする
でも、約4年だ
その中で得たモノは、信じても意味が無いモノもあると言う事で
今では絶望だけになった

それなのに辞める事が無いのは意気地無しだからだろう
後は逃げになると思う、ちっぽけなプライドから
何て弱いんだろうと、そう思う
そんな自分が心底嫌になって、何もしたくない

“今”は、しがみ付きたいモノでもないが、今はしがみ付くしかない
ニートになる訳にはいかないし、他に遣りたい事もない
全くないと言うのは嘘になるが…夢は夢
夢を見るのは良い事だが、夢を追い続ける事は不可能だ

何時までも、夢を見たままにいる訳にはいかない
そろそろ目覚めの時間だ

夢に“サヨナラ”を
現実に“ごめんなさい”を

どちらにも、属さない様に。
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
静かな闇
2009-12-16 Wed 19:58
12月16日 (水)

部屋の掃除をした
香りが欲しくて、室内にちょっとしたポプリを置いた
ジャスミンの甘い香りだ

落ち着くと言われるラヴェンダーより
俺は甘いジャスミンを好む
別の香りとなれば薔薇の香りが良い
香水となれば別だけど。

眠れなくなった時はぼんやりと過ごす事が多い
部屋の灯りを消して
ただベッドに座る
ぼんやりと目前を見たまま、無駄に時を過ごす

だんだんと室内が明るく見えて来る
目が完全に闇に順応するからだ

香りが鼻を擽るが、落ち着く事は無い
なかなか寝付けなくなれば、香りさえも邪魔になる

最近はそうやって時間を過ごす事が多い
寝付くのは少し遅いが、眠りは深い様子
身体が少しは楽だからね

明日は当直
適度に夜更かしして、適度に寝て
次の日に備えよう
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
ロングが多い
2009-12-15 Tue 12:29
12月15日 (火)

洋服を見て見ると、何気にロング系が多い
スカートもコートもジャケットもカーディガンも
全て、だ

動きを制限される事を考えると、ショートが良い
それは分かっている
だが、俺的にはロングが好み
自覚した時にはカッターシャツまでロングになってた

格好良い
そんな服装を目指している
だからこそと言う訳じゃない
ショートタイプでだって格好良いのはある
ただ、好みがロングってだけ

まぁ、パンツはロングじゃないと嫌だが…
夏はホットパンツだけど。
何気にスカートはショート丈も好む
ロングだと纏わりついて動き難いからね

さて、本日午後は大掃除の続き
どうせ年末年始は仕事だろう
今するしかないんだから、仕方が無い

適度に頑張るとするか…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
編み物中
2009-12-14 Mon 20:12
12月14日 (月)

最近は編み物に凝っている
職場で何気にし始めたら、俺も凝ってしまった
人がしているとしたくなると言うのはマジな話だ

俺は馬鹿の1つ覚え見たいにマフラーしか編めない
他は編んだ事もない

かぎ編みだと長編みしか編めなかった
最近、職場の同職員様に教えて頂き、ゴム編みをマスターしたばかりだ

棒編みはメリヤスとゴム編みだけだ
模様は編みきれないし、他は何も出来ない

現在は母様と姪っ子達の為のマフラーを編んでいる

母様には白ファーの短めな物を編んでいる
長めのを編んだは良いが、使い勝手が良いのは短いのとの事
その為に再び同色のファーで編んでいる

姪っ子達にはピンクのマフラーを編んでいる
可愛いパステルカラーのふわふわとした肌触りの毛糸
わざわざ数件の手芸店を廻って買って来た
良い色が欲しかったのと、イメージに近い物を編みたかった為だ

クリスマスに間に合うよう、頑張っている最中だ
さて、再び編み始めるとするか
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
退屈な夜
2009-12-13 Sun 10:56
12月13日 (日)

当直の夜は、稀に退屈だ
平和な夜になればなる程、退屈になる

編み物をしたり、新作アクセを作ったり
ちょっとした暇つぶしを持って行く
その割に、退屈になる

携帯小説を読んでいたって、暗い場所ゆえに目が痛くなる
そんな訳で中断する事が多い
他の暇つぶしも同様になる

最近の楽しみは明け方だけ
眩い程の光
朝焼けの時間だ

夜長の季節として、光が入ってくるのは7時台
バタバタと動いた後の僅かな時間
その瞬間に見る朝焼けは、俺にとっての癒しだ

朝が苦手な俺にとって、当直の際にしか見られない朝焼け
夕焼けも美しいコントラストだが
朝焼けはまた別の美しいコントラストがある

漸く、デジタル1眼レフカメラを買おうと決心し始めた
「し始めた」の理由は、気に入るカメラが無い限り買えないからだ
如何なるかは不明

出来れば美しい朝焼けを見られる今、
この季節までに買いたいものだ
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
寝言って不思議
2009-12-12 Sat 20:11
12月12日 (土)

寝言を聞ける事は少ない
俺自身の場合は誰かが聞いてくれないといけないしな
だが、仕事上、当直に入れば他人の寝言は聞ける

本日のツボは「南無阿弥陀仏」だった

寝言で御経ってどうよ(苦笑)
まぁ、他にも笑えたのはある
過去のモノになるが…

「私ば焼き肉にして食べるっちゃろ!!」

まず、意味不明
それを大声で叫ばれれば、ますますもって意味不明だ
大爆笑だったがね

他は「そがんとは明日になってから会に行けば良かたい」

これも意味不明
何が何だかさっぱりだが、本人の口調は至って真面目だった

どれもこれも、ハッキリとした口調だったが…
きちんと寝ている事は確認済みだ

奇跡的な俺の寝言を聞いた人いわく
「こっちに来ないで下さい!!」だったそうで
俺は何に拒否をしていたのかが不明だった

今後の寝言は如何だろうか
そんな事を密かに考える最近の当直だったりする
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
ドレスアップ
2009-12-11 Fri 11:33
12月11日 (金)

正装は好み
盛装も好み
俺自身、普段着よりも好む服装だ

外出の際には結構、服装にこだわる事が多い
特に遠出やイベントの際には考える
俺自身だけじゃなく、兄貴分に手伝って貰う事も多々
服持ちと言う訳じゃなく、意外にも選ぶのが苦手なワケだ

ラフとなれば別になる
自宅の自室にある服はカッターシャツが多い
綿のTシャツ自体が少なく、仕事着か寝巻程度しかない
ジーンズも2着くらいしかなく、あとは綿パンばかり
生地もスーツ系の生地を好むしな

フリルのついた服はまた別格で、春・夏が多い気がする
ヒラヒラするからこそ、冬だと寒く感じるんだよな
生地が厚かろうと…

冬となればスーツ系が温かく感じる為に多くなる
ネクタイを締める事は元々から多い
色合いは黒・銀灰・臙脂くらいしかないがね
カッターシャツの色合いだけが増えていく

今年は白スーツに挑戦したい
中に着るシャツも白タイプで靴も白
全てを白に整えてみたいが…
意外にも白のジャケットはトレンチ系が多い

普通のジャケットは何処かにないだろうか…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
甘さ控えめ?
2009-12-10 Thu 21:34
12月10日 (木)

ダイエットをしている訳じゃないが…
現在、俺は甘い物を控えている

甘党である俺は、基本的にお菓子を良く食べる
クッキーがあれば食うし、チョコも食べる
飴だけは微妙に嫌うが、甘い物ならほぼ食べる

そんな勢いの甘党


本日はロールケーキを頂いた
一切れずつに切られたタイプで食べ易い
何時もならば、お伴は珈琲だ

ただ、今現在は身体の引き締め中
そんな訳で珈琲は却下
最近の珈琲は甘さも控えている状態だったがね

あえての緑茶
ほんのりと甘いロールケーキに緑茶
稀にクリスマスケーキの時も同じ組み合わせ
意外に合うので是非に勧める

さて、明日は当直だ
午前中は買い物予定だ
さて、何を買おうか……
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
テンプレ交換。
2009-12-09 Wed 20:29
12月9日 (水)

珍しくも携帯用のテンプレートを交換した
機械音痴の俺にしては本当に珍しい

今まで使っていた物も気に入ってはいたのだ
だが、何故か画像が表示されない
それを正す手段が無かった為に交換となったと言う…

作り手に対して失礼だとは思うのだが…
俺はHTLMなどを見きれない
見ても何処が悪いのか理解不能な状態だ
その内、分かる友人に見て頂きたいと思っている


現在のテンプレートはシンプルなモノ
相も変わらず真黒なタイプだ
コメントが来ているかも分かり易いし良いなと思う
他のテンプレートも気に入ったが…
流石に何個もと言うのは気が引けたので却下

ちなみに、パソコンvre.のテンプレートを変える気はない
気に入っているし、何より変える必要性を感じない
まぁ、カテゴリくらいは弄るけど

さてさて、新しいテンプレートに馴れましょうかね
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
巻き込んでみよう
2009-12-08 Tue 10:53
12月8日 (火)

俺の休みは基本的に平日
希望を出せば、もしくは偶然が重なれば土日、祝祭日になる
だが、わざわざ出す事は少ない
その為に平日に遊び相手も無く、ぼんやり過ごす日になる

ただただ、ぼんやり過ごす日は暇人だ
気が向けば外出するが、プチひっきーな俺は自宅に籠る
何をする訳でもなく、ぼんやり

そんな俺が最近、写真に凝りだした
正確には廃墟写真なんて、代物

写真で感動した、なんて事は経験が無かった
ある人の写真を見てから興味を持った
それ以降、デジタル1眼レフカメラが欲しくなった
まぁ、長続きするのかと言えば、多分、続く

何故なら、もうすぐ1年経つからだ
気に入って、コメントをし始めて、約1年
ほぼ毎日欠かさず見に行って楽しませてもらっている

そんな訳で、今回は飽きない筈だろう
今年中に買いたいなとは思っているが…
1人では良いのが分からない
なので友人を一緒に巻き込もうと思う
詳しいと言う訳じゃないが、2人で行った方が良いだろうなと
まぁ、毎度巻き込んでるから詫びは入れるけど

さて、何時に行こうか…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
くだらない理由で。
2009-12-07 Mon 19:56
12月7日 (月)

俺はくだらない理由で燃える事が多い
…が、こればっかりは無理だと感じる

最近、服を買ったは良いが丈が長い
メンズサイズだから仕方ないが切っての補整も嫌だった

そのまま買ったは良いが、やっぱり丈が長すぎた
ヒールの靴を履いても1cmは引き摺る始末
腰履きであるが故に適度に補整するしかなかった

約3cm程を裾上げ
面倒臭いから身長が伸びないかと考えた
笑える理由だ

友人に言っても笑われた
まぁ、そんなもんだよなと思う

結局は裾上げ決定だ
ヒールの靴に合わせて上げる事にして…
ローヒールの場合は安全ピンで止めてやろうと思った

まぁ、まずは裾上げを進めないとだな
…ってか、身長伸びないかな
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
脇腹辺りがね
2009-12-06 Sun 13:38
12月6日 (日)

俺がゴシック系の服を気に入ったのは数年前
流石に…十数年とまではいかない
学生時代は制服だったし、部活もあってジャージだった

専門学校に入ると普段着だったが…
流石に普通の服を着る事を気掛けていた気がする
ゴシック系は高いし学生が買える値段じゃない
バイトはしていたけど全てが後々の車代となった
その為に学生時代は普通の服が多かった気が…する

まぁ、友人達に言わせると余り変わってないみたいだがね
元々から普段着はカッターシャツ系ばかりだったし
ネクタイの結び方は中学生の頃にはマスターしてたっけ
本当は小学生の頃から興味はあったんだが…

…で、だ
社会人となった今は自身の金で服を買う
そんな訳でゴシック系が増えてる訳だが…
太れないという問題がある
身体のラインに沿った服を好む俺は特にぴったりしている物を買う
現在買っている服もそうだしスカート系以外は全てと言っても良い
パンツスタイルとなれば益々ピッタリになるワケで…

気付いたら脇腹辺りとか、二の腕とか凄い勢いで脂肪が付いてた
ムニッとした感触は気持ち良い
言っちゃなんだが、ふにふにした感触は良い
だが、それが自身の脂肪と言うだけで無意味にムッとする

俺はスレンダーな方が良いワケだ
まぁ、誰も進んで太りたいヤツなんていないだろう
いたとしても少ないだろうし

軽い運動は3日坊主になる事なく続けている
それにプラスして柔軟体操もしている
食事に関しては感触を減らしただけだが…
まぁ、少しずつ結果が出始めたから良いとしよう

服のサイズが余裕にならないだろうか…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
続・雉鍋は美味いのか
2009-12-05 Sat 20:02
12月5日 (土)

本日、職場で雉が出たと言ってみた
俺の職場は自然の宝庫だが、雉は出たのが初めてって事でね

そうすると、話に乗ってくれるのが他の職員様
まぁ、同性ばっかりだから話し易いんだ、コレが。

場所の説明をして、こんな感じと大雑把な説明
ついでに飛ばなかったし、俺の考えコレ、と話してみる
要するに「美味いのか」って事をだ

すると、一時はピンと来なかった様子
日本昔話系でよく聞く話と紹介すると即理解(愛されてるな、日本昔話w)

そこへ更に他の職員様からのコメントがきた
「私、狸見たけど」

コレだけ聞けばどれだけ田舎かがお分かりになるかと思う
ちなみに俺はイタチだか、テンだかも見てる

そこで再び鍋の話へ移行
狸鍋は美味いのか

ぼたん鍋は癖があるけど美味い(経験者談)
熊鍋は手がコラーゲン的で美味い(テレビ談)
鹿鍋も癖があるとか(職員一同憶測)
雉鍋+狸鍋は日本昔話であるから美味いだろう(憶測のみ)

結果はご覧の通り
皆して食べてない逸品ばかりだった

まぁ、日常生活で食べる事は無いよな
稀に話を聞くのは…猪か?
田舎だとよく出るって話だしな

俺的には、普通の鍋が食いたいと思うけどね
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
雉鍋は美味いのか
2009-12-04 Fri 21:08
12月4日 (金)

職業上、俺は病院へと行ったりする
その帰り道での出来事だ

俺の職場は田舎も田舎で、橋1本で繋がった離れ小島にある
土砂崩れが起きても帰れない、公共機関はタクシーのみと言う
とりあえず不便な場所だ

そんな場所から約10分、車を約60kmで走らせた場所の病院
頼んでいた物を取りに行った

帰り掛けは来た道を戻るだけ
信号機もなく、ただ、カーブがい様に多い道
それをひたすら戻るだけ
そんな道のど真ん中に、雉がいた

車が来ても警戒しない鳥に「邪魔だなこいつ」…とは思わない
疲れていた俺は何気に「美味いだろうか」と思った
咄嗟の判断はそれ。

ボタン鍋は美味いと言われてる
熊鍋もまぁまぁで、鹿鍋もとか
でも、昔話でよく聞いた雉鍋は知らないわけで
「美味いのか」と考える始末
いや、捕まえてないけど。

ちなみに、見かけたのは雄の雉
美しい青の色どりが太陽光で輝いて見えた
飛びもせず、走るという風情で去って行った雉

あいつは誰かに飼われているのだろうか…?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:2 | top↑
マイブーム
2009-12-03 Thu 11:11
12月3日 (木)

ストレスからの過食が
普通に“たこ焼き”と“クレープ”のブームに移行
それに伴い買い食いが増え、体重の増加

そんな訳で体格維持の為にブームをストップ
まぁ、反動は…あったけど

そうして現在のブームは手造りブーム
気が向いた物を作るワケだが…
最近まで作っていたのはピンク色のボンネット

俺はゴシック・ロリータの服装に合うモノを作ってみたいと思っている
だが、素人製作だから縫い目などを隠すのは難しく感じる
裁縫を学んだ訳ではないからな
基礎がなってないのに作るのは無謀にも程があるよな

そう言いつつ、ちまちまと作るのは何となく、だ
マイブームが手作りになったからとも言えるが
まぁ、仕方無い

欲しいレースやリボンは手に入れにくいが(田舎だから)
出来る限りで何とかしようと思う

さて次は何を作ろうか…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
沈む月、昇る太陽
2009-12-02 Wed 21:01
12月2日 (水)

当直の醍醐味って言うのは特にない
とりあえず平和な夜を過ごせれば、と思う

そんな風に当直が嫌いな俺
そんな俺のたった1つの楽しみがある
それが、沈む月と昇る太陽

夏の時季は陽が昇るのが早く、作業をしている間に見られなくなる
逆に今の時季は昇りが遅く、作業が終わる頃には光景を見られる

沈む月は光を愛しむかの様に間際に輝き
昇る太陽は祝福の時を彩る様に光を届ける

幻の様な一時はすぐに終わってしまう
惜しみたくもなるが、また陽は昇る
だったら惜しむ事はせず、愛しむ事にした方が良い

これからの時季は空気が変わる
空気が変われば、空の彩りも変わる

俺の好む季節はこれからが本番
イルミネーションもロマンティックさもいらない
ただ、清浄過ぎる程の白と静寂
その一時を楽しめます様に。
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
| 黒い人の戯言 | NEXT

カウンタ

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。