スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
奇跡の様な
2009-06-30 Tue 20:41
ずっと、ずっと、思っていた
人と自分は、何かが違うって事を、だ

考えは人とかなり違っていて、
それが感情の動きである意味だと、気付いた時には遅った
哀しいと言う事が理解できない
人間という生き物は、そのうち死ぬ
そう、思っている

例えば事故だ
唐突に、突発的に起こり、防ぎ様もなく、防げたとしても起こってしまう

例えば殺人だ
人は人を殺す事が出来、それは目の前にいる人、すれ違いざま、自分自身だ

例えばと言う例をあげればキリが無い
それを考えると死ぬ事こそ普通
死について考えると、結局は普通だという結論が出てくる
何故と言われても、そうとしか感じないのだから仕方が無い

悲しまない奴が、墓参りだ、葬列だに参加して良いものかとも考える
それはきっと失礼な事
魂が残るのだとするならば、俺はきっと、恨まれているだろう

まぁ、何が起こったとしても、考えが変わる訳じゃない
俺は望んで今の俺になったのだから

まだまだ時間は長い
じっくりと考える時間はあるだろう…
スポンサーサイト
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
雨、、、
2009-06-29 Mon 15:44
6月29日 (月)

雨が降り続く

泊りに行った日の夜も、柔らかい雨が降っていた
夜間散歩もコテージ近くの道まで、と限定した程だ

本当は出口付近まで行きたかったのだが…
酒の効力で足にきていた為、遠出を避けた次第だ
まぁ、頭が素面でも危険は危険だからな

本日は3連休最後の日
休みでありながら朝から雨に降られ、遊び相手も無い
適当に写真の整理をしつつ、携帯のデータ整理をしつつ
適当に過ごす

雨の日の写真と言うモノを撮った事はない
それは濡れるからという理由ではなく、カメラが壊れると言う理由

きちんとしたカメラではなく、防水機能も付いていない携帯で撮る
それが、俺流の写真撮り
だからこそ、雨降りの写真が無いのだ

本当は水滴などの写真を好む
水に濡れた木々などは好みだからな
外に出ようかとも考えているが、如何せん、今日の俺は鬱モード
ついでにイライラモード

まぁ、休みだったらどんなモードでも良いよな
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
帰還 28日レポ
2009-06-28 Sun 22:25
6月28日 (日)

本日の行動、ホテル後?帰還まで
以下、レポ
クリックorスクロール
帰還 28日レポ…の続きを読む
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
帰還 27日レポ
2009-06-28 Sun 22:17
6月28日 (日)

27日は某テーマパーク・コテージ風ホテルへと泊り

御友人様が計画した泊り+飲み会
その計画に即乗り、実行に移したのが昨日
以下、レポ

クリックorスクロール
帰還 27日レポ…の続きを読む
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
カウントダウン
2009-06-26 Fri 21:44
6月26日 (金)

さぁ、明日は待ちに待った、お泊まり会だ

流石にカウントダウンの最期の日はUPしきれそうにない
それは当日、という意味だからだ

基本的に俺は夜にしかUPしない
当直の日だったならば、朝にする事が常となっているがね


明日は朝から活動開始だ
ホテルで飲み食いする為の酒や摘み、お菓子を買い出す為だ
ワインも買うのだが、記念としてワイングラスは揃いにする予定だ

滅多な事では友人揃ってホテル泊まりなぞしない
事実、友人宅に泊った記憶があるのは小学生までだ
ホテルに泊った事自体も中学生が最後
それも家族で、だ

今回は高校同期での泊り
しかも泊ってみたかったコテージ風ホテル
一晩を過ごすなんて滅多にない

さぁ、楽しみだ
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
カウントダウン
2009-06-25 Thu 10:24
6月25日(木)

計画実行日は27日・28日
1泊旅行だ

近場でありながら異国情緒あふれる場所での1泊
それも友人様達と一緒に、だ

随分と前から計画だけは立てていた
自身を含めた友人宅で実行しようという話もあった
だが、そうなると家にいる親達に迷惑がかかる

全員が結構、静かに話すタイプで、酒が入っても静かだ
だが、さすがにメンバーが増えれば声は大きく、騒ぎも大きくなる
だからこそ、何処かに泊ってしようと話していた

漸く、計画の目処が立ったのは金額的に手頃で、泊ってみたいホテルがあったから
実際に俺も泊ってみたかったから有難い

集合は現地集合
買い出しは俺を含めて2名
揃いのワイングラスを購入して、楽しむ予定だ

さぁ、当日まで、あと3日
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
カウントダウン
2009-06-24 Wed 16:52
6月24日 (水)

あと、残りは4日

計画は実行される
楽しみにしているのは俺だけじゃない事を祈ってるし、分かってる

荷物を積めるのは気に入りの黒のトランク
ちょっとした、お泊まりグッズを入れるには十分なサイズだろう
予定では当日の為の摘みや飲み物がある
それらは、もう1つの別のキャリーに入れる予定だ

持って行くモノを決めるのは簡単な事じゃない
服装が何時もゴシックだった俺にとっては難しい事だ
着回しを考えるとラフが良いのか、少しは堅いタイプを選ぶべきか…
現在だって服装は決まってない
あれ、これと考えてはいるが、迷いに迷っている状態だ

残りが4日もある、ではない
4日「しか」ないのだ

ゆっくりと考えつつも、少し急ぎ目に
楽しみなのだから苦にもならない

さぁ、準備を進めよう
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
白と黒の言の葉
2009-06-24 Wed 16:43
僕等がいるだけで、君は笑ってくれる
でも、裏では君自身も気付いてる


僕等が、君の生命を縮めていると言う事


君の心の通り、僕等は生まれた
祝辞も、祝福も一切ない、寂しい誕生
そんな中で、たった1人、君だけが祝辞と祝福を与えてくれた
僕等は心から喜んだ

最初は僕と彼、同時に生まれた“双子”
次は“弟”
最後に生まれたのは、君の身代わりとなる“妹”

「大切な、大切な、僕の子供達」

自分の事を僕と言う君は、その後も優しい言葉をくれた
蜜月の様な甘い時間

「僕の大切な家族、愛してるよ」
「ずっと傍にいてね」

ふわりと笑う君は儚げな表情を見せてた
大好きな君には、幸せになって欲しいんだ
今も、昔も変わらず

別窓 | モノクロの音は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
カウントダウン
2009-06-23 Tue 11:09
6月23日 (火)

さぁ、カウントダウンを始めよう

楽しみにしていた、今月の予定
月に1度だけは金銭面に関係なく、楽しもうと決めていた
それがカラオケだったり、福岡行きだったり

俺は仕事時間が不定期と言う事もあり、引き籠り気味
平日に休みが多く、友人は休日に多い為、遊べないのだ
だから、たまに休みがあった時は喜んで遊びたくなる

福岡行きも、カラオケも、結構な我儘で付き合ってもらっている
唐突に遠出を申し出て(と言っても、数日前には言っている)
それでも了承してくれる友人には感謝している
カラオケなんて当日に言った事があるくらいだからな

月に1度は、と決めているのは鬱まで落ちない様に、だ
気分の上がり下がりが激しい俺は、適度な楽しみを作る事が必要
前々から練っていた計画を実行に移そうと決めた友人
それに乗るのは自由
もちろん、喜んで乗ったがね

さぁ、その日まで、あと5日
ゆっくりと準備をしよう
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
警告音
2009-06-22 Mon 18:53
6月22日 (月)

キーン…と、
リーン…と、
微かに、でも、確実に、警告音が鳴る

俺にしか聞こえない、警告音

何に対してなのか
何に対して鳴り続けているのか
分からない、警告音

俺は何だろうと考える
日常的に感じるのは、漠然とした違和感
自身の心が、別の方へ、別の世界へと向く感覚
それが何だろうかと考える
キリが無いが考えてみる
結局は、解決しない

まぁ、堂々巡りってヤツだ


とりあえずは目先の事を進めよう
自身がしたいと思っている、モノの作成またはカスタム
何かをしていれば違和感は抹消されるのだから
ストレス解消にもなるし、一石二鳥だ

さて、何をしよう?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
何を考えるか
2009-06-21 Sun 20:46
6月21日 (日)

何かスッキリしない
それは靄が掛っているかの様で
とりあえず、考えが纏まらないと言うべきだろう

俺の状態が、ちょっとした鬱状態なのは承知済み
最近は時季など関係なく、そんな状態に陥り易いようだ
ちょっとした困りもの

気晴らしに小説を書いたって、変わらない
もうすぐ、友人達と遊ぶ日が来ると言うのに
テンションは上がらない
楽しみだと言うのに、テンションはローテンション

そうそう、新カテゴリ「黒と白の言の葉」
元々、詩の様な物を書こうと思っていたからな
他のカテゴリを壊す訳にはいかない為、新カテゴリ作成と言う訳だ
気が向いたら増える
もちろん、気が向かなければ増える事はないがな

さぁ、気のままに進もうか
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
黒と白の言の葉。
2009-06-20 Sat 11:14
君は僕にとって光、僕は君の影
だから、君を傷つける事、全てから僕が君を守っていくよ

最初に生まれたのは君だった
純粋なままの穢れない、可愛い娘
僕の姿は誰にも見えず君だけの“お友達”

年を重ねていく毎に、君の心は砕けて行って
最後の最期に僕は泣く泣く、立ち会った
僕に掛けられた、君の言葉は遺言
希望なんて何もない、唯単の事実

「ねぇ、私は死ぬわ。でも、また会えるから…」

君が残してくれたものは、君の抜け殻ともいえる、中身のないヒトガタ
身体を持たない、人格的な僕が中に入り、彼女を動かす
見た目は彼女そっくりに、中身は異質なまま
心の中は黒よりも濃い闇色、一色

遺言は守り続ける
また会えるの言葉を信じて
別窓 | モノクロの音は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
カテゴリ増やし
2009-06-20 Sat 11:03
6月20日 (土)

今まで増やそうと考えていなかったカテゴリ
久々に増やしたのは日記でもなく、小説でもない部分が欲しかったから

今回のカテゴリは「黒と白の言の葉。」
言の葉と言いながら、書こうと思うのは適当
まぁ、実行されてからの楽しみと言う事にしておこう

遣わなくなったカテゴリを消しても良かったが、何となく取って置く
勿体無い精神と、面倒臭い精神で

さぁ、新しいカテゴリで、新しい幕を開けよう
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
本が無い
2009-06-19 Fri 20:41
6月19日 (金)

本日は当直明け
最近は思い立ったら吉日生活のなの如く、すぐに外出

本屋からの連絡で、本が届いたとの事だったのでな
まずは親の用事を済ませ、自身の用事へと移行
本屋に行ったら即、本を受け取り、さっさと出る
長居は無用だ

自宅から遠い場所で本を買えば、不備があった際に面倒だ
そんな訳で買う事を避けた

市街に行く事が少ない為、とりあえずはウロつく
久しぶりに行った店で、気に入った鳥籠を見つけたが、却下
次回あった時は購入しようと考えている

アクセサリーだけは購入
2連になっているアクセサリーは片方がダウジングに適したモノだ
俺自身はダウジングなんて出来ないが、欲しかったんだよな
値段的にも手頃で満足中だ

変える前に別の本屋へ
そうすると新刊が出るのを待っていた本が出ている事に気付いた
だが、不備があった場合を考え、再度購入を断念

地元の本屋で購入の為、注文を掛けたら取り扱ってないとの事
市街の本屋では取り扱っていたはずなんだが…
仕方が無い為、断念中
他の本屋に頼む事となった
それか友人と市街に行った時にでも買うしかねぇな

そこまでマニアックじゃないんだが…
こんな時は困ったモノだ
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
夜闇の魔王はかく語る
2009-06-18 Thu 14:17
6月18日 (木)

夜に目が覚めて、偶然にも空を見た
俺の部屋からは空が良く見えて、月夜になれば月光浴が出来る

そんな夜には夜の聲が聞こえる

特別に耳が良いからとか、そんな理由なんてなくて良い
気持ちを落ち着かせていれば自ずと聞こえてくるだろう、その聲
誰もが聞けて、誰もが聴けない
そんな音を耳にしたら、どっちに行きたいと感じるだろう?

闇に魅入られるか、焦がれるか
その呼び聲はきっと、こちらのモノではない聲なのだろうが…

闇に身体を躍らせれば、夜独特の空気に包まれる
そんな瞬間を好むのに、人間として…と言うストッパーが掛る
目が覚める時間は夜中2時・3時
別に道徳的に夜歩きを禁じている訳ではないのだが…
流石に如何かと考える訳だ

もし、1人暮らしだったのだとしたならば
俺はきっと夜歩きをしているだろう

昼は人間の時間で人間の世界
夜は魔物の時間で魔物の世界
夢は子供の時間で子供の世界

明確な仕切りが無い筈なのに、それらは隔てられている
邪魔は許されず、目には見えぬヴェールが掛けられている
決して除く事も、入る事も許されない

さぁ、俺は何処へと分類しておこう?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
嬉しい誤算
2009-06-17 Wed 20:05
6月17日 (水)

髪を切った事が、職場全体に知れ渡り始めた
元々、付き合いが少なく、部署が豊富な職場だ
知れ渡るまでに時間が掛ったのは言うまでもない

漸く、知れ渡り出した頃に言われた、嬉しい誤算

「短い方が似合っている」
「顔が小顔に見える」

短い方が似合う可能性が高いのは以前から知っていた
気紛れにショート風に纏め上げた際にも言われていたからだ
だが、ロングが好みな俺は、そのままにしていた
傷んだとしても5cmくらいしか切っていなかったな…

それでも、会う人、会う人から短い方が良いと言われると喜んでしまう
まぁ、それで拗ねていたら捻くれ者だろう…

顔が小顔に見えると言うのは、本当の嬉しい誤算
俺の顔は太って見えるタイプで、丸顔
小顔に見られる事は無かったのだが、言われて嬉しい言葉だった
ついでにスマートにも見えるんだとか…

短いと顔がはっきり見える為に嫌っていたショートスタイル
だが、真逆と言って良いセリフを頂いてしまった
これはやっぱり、嬉しい誤算だ

自惚れるなと言われそうだが、そう思ってしまう
つくづく、自身が現金な奴だと思う

まぁ、それが、俺の性格なんだがね
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
癖が抜けない
2009-06-16 Tue 21:28
6月16日 (火)

髪を切って数週間
未だに癖が抜けない、俺

洗う時にも癖は抜けきれず、シャンプー量を意識しなければ大量に使う
もちろん、リンスも同様だ
そうなれば水も遣い過ぎになる
それでは困るモノだ

洗い方も癖は抜けない
顔を伏せずに前を向いたまま洗う
濯ぐ際も癖は抜けず、結局は長い時と同様の洗い方
まぁ、洗い方は変わらなくとも良いだろうが…

最近は意識をするようにしている
勿体無い精神と言うよりは頭髪や頭皮の心配の為だ
まぁ、自分の為だからな


まだまだ、ほんの少ししか伸びていない
ゆっくり時間を掛けて伸ばす事が現在の考えだ
まぁ、伸びるスピードは変えきらんから仕方が無い

人間気長が一番だな…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
紫外線対策
2009-06-15 Mon 11:04
6月15日 (月)

昨日に引き続き、考えは紫外線対策

化粧をする事を嫌う俺
もちろん、日焼け止めを塗る事も余り好きではない
人工的な香りが苦手なんだ
特に化粧品独特の香りが、な

身体に関しては服を着れば良い
そんな訳で俺は年中、長袖が多い

だが、顔に関しては日焼け止めを塗るか化粧しかない
嫌いと言っても年齢的には肌の手入れが必要となる
そんな訳で、仕方が無い時はするようにしている

帽子を被るにしても、現在の帽子では意味が無い
アレはファッション用のモノであって、紫外線対策にはならない
なるとすれば、唯一、つばが付いているボルサリーノか?
他の帽子は如何足掻いても紫外線が顔にくる

そろそろボルサの時期か、と考えても被ろうとしない
それは職場のロッカーに入らないからだ
形が崩れれば恰好悪くなるのだから困る

ファッション性も優れていて、恰好に合う帽子が欲しいモノだな…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
カスタマイズ
2009-06-14 Sun 21:18
6月14日 (日)

日焼け防止の為の手袋や帽子
それらは黒ばかりが準備されている

黒であれば、紫外線を寄せ付けないと言う
熱を吸収してくれる為、暑いが日焼けは嫌だ
それ故に黒としている
まぁ、服装が黒と言う理由も含まれているがね

黒の手袋を3種ほど使いこなすが、手頸を絞っていないモノは遣い難い
何故ならば、運転の最中に脱げる可能性があるからだ

最近はカスタマイズする様にしている
ゴシックチックに彩りを添えたり、絞りを入れたり
俺的に遣いやすい様に考えているのだ

そんな能力が拙い事くらいは承知済みだ
事実、素人細工が綺麗な訳が無い
自身が使える程であれば良いかと考えているのだ
まぁ、人にやるなんて事は今は考えてないしな

さて、楽しめる事を考えよう
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
寝ても覚めても
2009-06-13 Sat 20:13
6月13日 (土)

最近、腰が痛い
筋力が無い事はもちろん、体力が無い事だって理解済み
何をしたとか言う事は無い
唐突に、痛くなって早数週間…どころじゃない
すでに鈍い痛みや軽い痛みを含めると数カ月を超した

生活に支障が出ない為に傷みを知っていながらも病院には行かない
冷湿布も温湿布もしていない
今はまだ良いしな

寝て治るだろうと寝たりしていたのだが、覚めても痛い
一時的にベッドで寝られなくなった事だってある
今はまだベッドで眠れるから経度と言う事だろうな

ちなみに、現在は軽減状態
医療用のコルセットは買わないで良いだろうという考えに至る程だ
どうせならばファッション用コルセットが欲しい…
そんな事を考えられるから大丈夫と言える

話は変わるが、寝ても覚めても違和感があるってのは如何だろう?
髪の長さや、世界観、自室の感じ方
何かにつけて違和感を感じ、現実感が薄く感じる時がある
まぁ、そんな事もあるだろうと思っているがね

とりあえず、ゆっくりしたいだけな気がする
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
理想と現実
2009-06-12 Fri 20:36
6月12日 (金)

俺の理想は高くない
そう言いつつも、人に話せば高いらしい


髪は綺麗なロングが良いと言えば、難しいと言われ
(俺の髪は一応、ストレートだが傷みやすい為)

立ち居振る舞いが綺麗な人になりたいと言えば、平凡が一番と言われ
(俺の性格がエレガントと言うよりはガサツな為)

仕事が出来る人になりたいと言えば、微妙と言われる
(俺は1つをすれば1つを忘れるから)


書き出してみると如何だろうと言うモノばかりだ
別に理想としなくても良いよな…

まぁ、理想ってのは結構ある
スタイルに関するモノは特に
やっぱり恰好良くはなりたいものだ
どんな服でもきっちりと着こなして、恰好良く見られたいとは思うからな

さて、どうすれば恰好良くなるだろう?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
苦情電話完了
2009-06-11 Thu 12:03
6月11日 (木)

昨日、購入した本に関しての苦情
珍しく言おうと思ったのは読めなかった為
ちょっとした汚れなんかは俺は結構気にしない性質だ

電話嫌いな俺はスムーズに動かない
機械の前で座り込み
受話器を取るにも時間がかかる
携帯電話だと相手が分かっているから取るだけで、分からなければ取りたくない
自宅電話だと表示が出ないタイプだからな

逆に掛ける事だって同様だ
相手に失礼が無いようにと考えつつ、内容を考える
そんな事は不得手な俺(失礼発言ならばお手の物)
面倒臭いの一言に限る

だが、そうも言っていられないのが今回の事情
緊張しつつも受話器を取り、ゆっくりと番号を押す
繋がった瞬間に人格が変わる様にスラスラと話し出すのが俺
多分、キレ気味なんだろう

要件を言うと在庫確認をすると言われた
多分、1冊しかない事を俺は知っていたが倉庫にあるかもしれないと考える
だが結局は無く、取り寄せした後で交換と言う事になった
佐世保市街に行く機会は少ないから構わんしな

時間にして1週間ほど待てば届くとの事
気長に、適度に、焦らず、ゆっくりと待つ事としよう
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
苦情電話を掛ける。
2009-06-10 Wed 20:48
6月10日 (水)

本日は当直明け
午前中は何時も通り惰眠を貪り、午後は外出

久しぶりに佐世保市街まで足を伸ばす
車で、その上、自身の運転で
緊張しながらも知った道を進めば、何時も友人と行く時の駐車場へ着いた

目的は最近作っていたミニ・ドレスハットの羽根を購入する為
羽根飾りのついたコサージュを買っても良かったが…
如何せん、値段は高いし気に入りもしない
仕方なく、手芸店まで足を運び、羽根だけを購入したという訳だ

チュールやレースも見たが、それらは近くの店でも購入が出来る
それは下調べをしていたから何とかなった
だが、小物は小さい店では見つからない
田舎だと、こういう時に不便と言えば不便だな
まぁ、都会に住むつもりもないがね

その後は洋服を見に商店街をうろつく
目的の服が無いと気付けば、百均を廻る
さらに無いと気付くと本屋へ

本屋では漫画本2冊と小説1冊を購入
その、小説が曲者だった

小説や漫画は中身なぞ見ずに購入するワケだ
傷が付いているか如何かは分からない
自宅に帰宅後、読んでいた瞬間に傷に気付いた
文字が見えない程に破り取られたと言っても過言ではないページが1枚

読めないし、話の流れが途切れて不愉快
そんな訳で明日(今日は閉店済み)に電話する事に
いちいち佐世保市街まで行かないといけないのは面倒だ
電話での交渉がモノを言う事になる

さて、俺にNegotiatorとしての技術はあるのだろうか?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:2 | top↑
白スーツ
2009-06-09 Tue 20:32
6月9日 (火)

髪を切って以来、ゴシック形の服が着難くなった
俺の中でのイメージでは中途半端な髪の長さでなければ…
そう考えてしまう訳だ

現在は10年来のショートカット
中途半端?ロングを保っていただけに動き難い
髪を洗う時でさえ癖が出る
不便と言えば不便だ

そんな訳で服装も考え直しだ
普通の服装をすれば良いだけだが、微妙にゴシック系に偏る
ネクタイを締めるのが夏の定番
だが黒はな…と考えた結果が白だった

そう言いながら黒と言うのは以前にも書いたと思う
何時もの事だからな

今回は着たい服が白スーツ
白のパンツもジャケットも買い直しだ
サイズが合わなくなった為に不便を強いられている
嫌な意味での合わなくなったではないが…
折角買っていた、たった1着しかない白が着られなくなったのは残念だった

時間が出来た時にでも買いに行こうと思っている
最近は本当に、思い立ったら吉日生活中だと思うな…
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
眠気が微妙
2009-06-08 Mon 21:05
6月8日 (月)

夜に眠るのは普通の事で、俺だって当然、夜に眠る
夜行性って訳ではないからな

だが、最近は眠気が来るのが遅い
次の日が早めに起きなければならないと分かっていても、だ
まぁ、眠気が来ないというのは何時もの事なので気にはしていない
眠るまでの時間を如何過ごすかが現在の課題だ

まずは読書
漫画だろうが小説だろうが、活字タイプを見る
携帯小説となれば、光の関係で目が冴える為に意味が無い
だから俺は、ぼんやりと過ごすか、活字を見る

眠気が来ても横になれば覚める場合も多々だ
そんな時は横になったまま、ぼんやりと過ごす

仕方が無いし、夜だと音が響くからな
実際、ここ最近は音が下の階へと響いていたらしい
自覚が無かっただけに悪い事をしたと反省中だ

以前までは自室が畳だったからこそ音が響いていなかったらしい
現在はフローリングになった為、音の響きが酷いとの事だ
事実、小さい物を落としただけでも響きが凄い

そんな訳で、なるべく静かに過ごす様にしようと思った、今日この頃
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
ロングからショートへ
2009-06-07 Sun 10:45
6月7日 (日)

数日前、髪を切った
最大で30cmをばっさり

長い髪を保っていたのがズボラな理由だったが
今回短くしたのは髪質の為、だったりする

切った事によって、髪質はすでに改善傾向だ
パサパサだった毛先は柔らかくなった
根元はすでに地色になっていた為、黒に近い焦げ茶だ

伸びが早いはずの髪が、遅くなった原因も傷みだ
俺は半年髪を切っていなかった
ある程度伸びれば唐突に伸び出すとはいえ、半年は酷い
傷みの影響で伸びが遅くなるのは当然の事だった

今回、傷んだ場所は粗方切ってもらっている
本来ならば残す予定だった場所も、傷みがあった為に切り落とした
きっちりと綺麗になってくれるだろう

ロングに戻すのは、まだ先の事
戻す時には柔らかい髪質になっているだろう
まぁ、今年度中に戻すだろうがな


最近、ストレスを溜めたのか物作りに没頭中だ
ミニ・シルクハットやピアス、リングを製作
他にも写真を撮ったりと、適当に動いている
別名、思い立ったら吉日生活

本日は遅出だ
もう少しだけ、ゆっくり出来る

さて、何をしよう?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
分からない
2009-06-06 Sat 15:37
6月6日 (土)

何が良いのか、何がしたいのか、分からない
そんな事は日常茶飯事だ

鬱傾向にあった頃、味がし難くなっていた時期があった
それはすぐに改善したり、唐突に発症したりと面倒だった
現在は一応、通常通りの味覚だと思う

現在は鬱に近い状態で何もしたくないし、感情の表出も億劫
元々から感情を出す事は億劫に感じていたのだから仕方が無い
泣く、なんて感情は考えてから表に出していた程だ
怒るも喜ぶも適当で、楽しむだけは多分、友人と遊べば自然と出てきている

社会人になってから嫌われる事になれた
知っていながら無視をする事を覚えた

嫌われている事を知っていて、優しく接する事は、大人な態度と言えるか?
是、と言えるのだろう
だが俺は、普通に接していただけだ
嫌われる要素なぞ…と思いつつも、あったのかもしれないとも思う
まぁ、考えたって時間は戻らないのだから意味は無い
解決策なぞ、ありはしないんだ

唐突に嫌われている事を知って、それでも普通に接し続けた
声が聞こえなかったから返事をしきれなかっただけと説明したが、
所詮は言い訳に聞こえるのだろう
信用なんてないに等しい関係だからな

上司の言葉は、有難い…とも感じていない
考える事が大切だと感じただけで終了し、実行はほんの僅か
言われた事を実行しようと考えれば、人形になれば良いだけの事
笑顔を振りまく、実寸大の人型の人形
まぁ、それの方が楽な気がする

心を砕くべき職場、心を砕きながら接するべき人
どれだけ砕けば良い?
だから人間ってヤツは不可思議で、意味不明で、困るんだ
やっぱり、人間って嫌なもんだ

そう、考えてしまう俺は…
きっと、普通じゃない、異常者んだろうな
分からない…の続きを読む
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
こだわりに近い、
2009-06-05 Fri 09:59
6月5日 (金)

俺には、こだわりと言うものが少ない
基本的には事無かれ主義
こだわっている事とすれば、服装は黒である事くらい

なるべく、結べる為の長い髪を保つ
それは別に、こだわりではなく、面倒臭いという理由からだ

短い髪にしていれば寝癖が付き易い、俺の髪
癖毛も多少入っているが故に、完全に乾燥させる事が義務となる
乾かさなければ癖毛と寝癖で爆発、と言う訳だ

長い髪であれば、癖毛は重みでもってストレートに変わる
多少の寝癖であっても結んでしまえば変わりない
髪を弄って遊ぶという事を考えれば、長い方が得策だった
そんな理由の長い髪

俺の髪色は濃い焦げ茶色
今では染めた茶色が強過ぎて、根元が黒に見える
赤色は入らない程になり、茶色しか入れられない

そんな髪を綺麗に整える為には、短く切り、元の髪質に戻す事が先決だ
髪色ももちろん、地色に戻す必要がある
戻す事によって赤が入るかは謎だがな

切るとなれば、かなり短め
俺としては某漫画に出てくる主人公な髪型が気に入ったんだがね
イラストでも持って行って、見てから切ってもらうか…

さて、どうしよう?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
2009-06-04 Thu 20:00
6月4日 (木)

俺の職場には燕が巣を掛けている
昨年から来る様になった燕は、今年も来た

生まれた卵は5つ
親鳥が時間を掛けて温め続けていた

時間が経った頃、無事に孵り、可愛らしい雛が5羽になった
さらに時間が経つと羽根も揃い、巣立ちを迎える頃合いとなった

そして、巣立ちを迎えた
巣立ちと言っても、巣の中から少し離れた場所へ出たという事だけ
すぐに巣の中へと戻り、親鳥から餌を貰っていた
時期に彼らは完全に巣立ってしまう


燕は人が居る場所に巣を掛ける
人が天敵を寄せ付けないというだけではなく、安心感がある場所と言う意味だ
そう、俺は聞いた事がある
と言う事は、俺の職場はそんな場所に当たるのだろうか…

俺にとっては、ただの職場なんだがね?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
雁字搦め
2009-06-03 Wed 21:38
6月3日 (水)

会社勤めと言うのは、雁字搦めだ
最近、常々思う事

拘束をしない事は大切な事だと認識している
だが、それは如何かと考える事もある

現状を考えれば、無理なものは無理だ
1人で数人を見るのは大変で、ただでさえ人手が無い
その1人の為だけに動けば、他の数名は放って置く事となる

それはそれで如何なのだろうな
1人の為の職員ではなく、他の方を見る事を含めた業務が仕事だ

他を見る為に拘束をする事は違法な事だ
そうする他に手を考えれば様々な方法がある
職員を増やす、職員が早出する、または、遅くまで残る

だが、実際には増やす事は出来ず、早出や遅上がりとなれば、サービスだ
そのサービスになるものに己を削ってまでと考える
俺はエゴイストだからな

拘束ゼロ、拘束ゼロと詠うのは良いと思うし、遣っていく事は大切だ
だが、何処まで出来るのか、は見極めが必要となるだろう
互いに人間なんだから限界だってある
何処かに負担がくる事は分りきっている


さて、何が良く、何が悪いのだろうな?
別窓 | 蒼黒き闇は斯く語る。 | コメント:0 | top↑
| 黒い人の戯言 | NEXT

カウンタ

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。